Archives

Guhen Kitaoka’s 108 Aphorisms

The following 108 aphorisms were drafted by Guhen and published through his Facebook page in 2011.

Those aphorisms where the Japanese text precedes the English translation were written by Guhen himself (there are 58 of them), while the other aphorisms where the English text precedes the Japanese translation derive from other authors. Best efforts were made to mention the sources of the quotations, as far as they are known to Guhen.

* * * * * *

#1

“NLP is a clash between state and context.” – John Grinder in his workshop

「NLP は、状態と文脈の衝突である。」

#2

“Coincidence is the way God expresses Himself.” – John Grinder in his workshop

「偶然は、神の自己表現のし方である。」

#3

“The number of possible connections between a neuron with another in the human brain is bigger than the number of atoms found in the known universe, i.e., ten billion to the twenty thousandth power.” – Ernest Rossi in “Psychobiology of Mind-body Healing”

「人間のある脳細胞と他の脳細胞の可能性としてのコネクションの数 (100億の2万乗) は、知られている宇宙の原子の数より多い。」

#4

NLP のアンカーリングがわかれば、デルフィの神託「汝自身を知れ」が理解できる。

When you experientially understand what Anchoring a la NLP means, you will know the real meaning of the Delphic Oracle “Know Thyself”.

#5

NLP のアンカーリングは「実験室」だけに存在するのではなく、「娑婆」に偏在している。

Anchoring a la NLP not only exists in laboratory rooms, but also is omnipresent in the outside daily world.

#6

“Something is always a metaphor of another thing.” – John Grinder in his workshop

「あることは必ず他のあることの比喩である。」

#7

真我は、五感を超えている。

The real Self is beyond the five senses.

#8

真の自分は「環境、行動、能力、信念、アイデンティティ」を超えた観照者である。

The real Self is the Witness which is beyond “Environment, Behavior, Capabilities, Beliefs, and Identity”.

#9

普遍的なものは必然的に不変である。

What is universal is necessarily something invariable.

#10

精神世界の「観照者」は、NLP の「メタ」ポジションにほぼ完全に対応する。

The concept “the Witness” commonly used in the spiritual community almost completely corresponds to the “Meta Position” Model in NLP.

#11

“The Witness is the highest possible human state of consciousness, and there is no state beyond it.” – According to Vedanta

「観照者は人間の最高の意識状態で、それ以上の状態はない。」

#12

“The mind with its modifications is perceived, and the witness is verily the perceiver; the witness is not perceived by any other.” – According to Vedanta

「諸形態をもつマインドが知覚される一方で、観照者こそが真に知覚する者である。だが、観照者それ自体は誰によっても知覚されることはない。」

#13

真我は、生まれも死にもしないし、増えも減りもしない。

The real Self neither is born nor dies, and neither increases nor decreases.

#14

神は「究極のメタ、究極の柔軟性、究極の自己同一化解除」と定義できる

God can be defined as “the ultimate meta, the ultimate flexibility and/or the ultimate disidentification”.

#15

4T = 4T∞ – (4T∞ – 4T) (今ここでもっている瞬間的な内的体験 (4T) は、可能性としての無限の体験 (4T) から無限マイナス 1 の数の体験 (4T) を差し引いたものである。)

4T = 4T∞ – (4T∞ – 4T) (The inner experience (4T) we have here & now from moment to moment is the infinite number of possible experiences (4T’s) minus the infinity minus 1 number of experiences (4T’s).)

#16

“The real Self, i.e., Atman, unconditionally is none other than ‘God’ presiding over the outer world, i.e., Brahman.” – According to Advaita Vedanta

「真我 (アートマン) と外界を司っている『神』 (ブラーマン) は無条件的に同一である。」

#17

“The map is not the territory.” – An NLP presupposition based on Korzybski

「地図は土地ではない。」

#18

“Nothing comes into the mind without first entering through the senses.” – John Lock

「マインドの中に入ってくるもので、まず知覚経路を通じて入ってこないものはない。」

#19

“We cannot discuss the existence of outer ‘God’ at all; it is solely our own inner map of the world that we can discuss.” – John Grinder in his workshop

「我々は、外界の『神』の存在について議論できない。できるのは自身の世界地図についてだけである。」

#20

“Epistemology is the study of how we know what we know.” – John Grinder in his workshop

「認識論は、我々が知っていることをどのように知っているかについての研究である。」

#21

“We cannot not have an epistemology (e.g., a map of the world).” – John Grinder in his workshop

「我々は、認識論 (世界地図) をもっていないでいるわけにはいかない。」

#22

究極の認識論者と究極の神秘学者は同一である。

The ultimate epistemologist is the same as the ultimate mystic.

#23

究極の認識論者と究極の本体論者は同一である。

The ultimate epistemologist is the same as the ultimate ontologist.

#24

瞑想とは、生きている間に、真の自分は「環境、行動、能力、信念、アイデンティティ」を超えた観照者であるという自己同一化解除を実感するための訓練である。

Meditation is a training through which we, while still alive, are to come to existentially experience the total disidentifcation that we are the Witness transcending “Environment, Behavior, Capabilities, Beliefs, and Identity”.

#25

瞑想と催眠と NLP は三位一体である。

Meditation, hypnosis and NLP compose a trinity.

#26

“Meditative state and hypnotic state compose the two hemispheres of the same globe; one is entered with the left brain in a masculine way, and the other with the right brain in a feminine way.” – Bhagwan Shree Rajneesh

「瞑想状態と催眠状態は、一つの全体の半球どうしのようなもので、違いは、男性的に左脳的に入るか、女性的に右脳的に入るかである。」

#27

“If you can have pure witness here and now, you do not need to meditate at all.” – According to Shankaracharya

「仮にもし今ここで純粋な観照者をいられるのであれば、瞑想さえする必要がない。」

#28

目に見える五感の世界のすべてを知っていない者は、第六感、第七感の世界を云々できない。

Those who don’t know everything about the tangible experience of the five senses cannot legitimately say anything about the intangible worlds of the sixth and/or the seventh sense.

#29

人間はアンカーリングの総体である。

A human being is a total amalgam of all levels and/or kinds of anchoring.

#30

人間の性格、人格は「環境、行動、能力、信念、アイデンティティ」レベルの思考の癖の総体である。

Human personality or character is none other than an aggregate of mental habits on the levels of “Environment, Behavior, Capabilities, Beliefs, and Identity”.

#31

「環境、行動、能力、信念、アイデンティティ」は、単に、それぞれのレベルにおける「思考の癖」すなわち「アンカーリングの総体」にすぎない。

“Environment, Behavior, Capabilities, Beliefs, and Identity” are all none other than “mental habits” or “amalgam of anchorings” on each of these levels.

#32

物事の構成最小単位はアンカーリングである。

The minimal component of the phenomenal things is anchoring.

#33

アンカーリングとは、物理的にはエンティティであり、心理学的にはミームであり、生物学的には DNA である。

An entity on the physical level, a meme on the psychological level or DNA on the biological level is what Anchoring a la NLP is all about.

#34

NLP の「環境、行動、能力、信念、アイデンティティ」の心身論理レベルは、古代ヴェーダンタの「肉体、気、記憶、知性、至福」の「五つの鞘」と完全マッピングされる。

The Neuro-Logical Levels of “Environment, Behavior, Capabilities, Beliefs, and Identity” a la NLP can be thoroughly mapped with the Five Sheaths of “Body, Energy, Memory, Intellect, and Blissfulness” a la ancient Vedanta.

#35

「行動 vs 思考」の二元論は、「外的行動 vs 内的行動」すなわち「外的行動 vs 4T」として完全明示化および完全統合できる。

The dualism of “behavior vs thought” can be perfectly mapped by, or thoroughly integrated into, the contrast of “external behavior vs internal behavior”, i.e., “external behavior vs 4T’s”.

#36

この世の中で、アンカーリングでないものは存在しない。

There exists nothing in the world which is not subject to anchoring.

#37

この世の中でリフレーミング (発想の転換) できないものは存在しない。

There exists nothing in the world which cannot be “reframed”.

#38

リフレーミングできる能力と問題解決能力は等価である。

The ability to reframe is equivalent to the ability to solve any problem.

#39

リフレーミングすることで、文字通りいかなる問題も、そもそも問題ではないことを知ることができる。

We can know that literally every apparent problem, if reframed, is not a problem per se at all.

#40

” ‘Reality’ is not something which is out there to be perceived through our sensory channels, but rather that which is being continuously and positively constructed by ourselves from moment to moment.” – Paul Watzlawick

「『現実』は外界にあって私たちの知覚経路を通じて知覚されるものではなく、むしろ瞬間から瞬間へと私たち自身が継続的に、積極的に構築するものである。」

#41

トラウマ (精神的外傷) の原因は、フロイトの精神分析が考えたように過去のある時点に求められるべきものではない。

The very cause of a psychological trauma cannot be traced back to a given moment of time in the past, as assumed by Psychoanalysis a la Freud.

#42

過去のトラウマは、何度思い出しても解消されない。「思い出し方」を変えれば、即解消できる。

Past traumas cannot be resolved, even if they are “enacted” time and again; they can be instantaneously dissolved, only if the way of remembering them is changed.

#43

トラウマの完全な解消方法は、現時点で実際に起こっている行動パターンに隠されている。

The way of dissolving traumas once and for all is hidden in the current behavioral patterns occurring at this very moment.

#44

現在の行動 (外的行動または内的行動) が変われば、過去の思い出し方も変わる。

If you change your own current (external and/or internal) behavior occurring here & now, you can change your way of remembering the past.

#45

NLP は、コンテント志向の 60 年代、70 年代のありとあらゆる西洋心理療法の方法を超えたプロセス志向の方法論である。

NLP is a process-oriented psychology transcending all the kinds of Western psychotherapeutic schools of the sixties and the seventies, which were all content-oriented.

#46

問題は、同じレベルのコンテントによって解決することは不可能である。必然的に、上のレベルのプロセスを変えることによってしか完全解決はできない。

A problem cannot be resolved by a content on the same level as itself; necessarily, it can be solved only by changing the process on a higher level.

#47

“The problems proposed by Aristotle and compounded by Descartes [e.g., mind-body dualism] have been already solved by Gregory Bateson’s and/or Bertrand Russell’s epistemology.” – Gregory Bateson in “Angels Fear”

「アリストテレスによって提言され、デカルトが複雑化した諸問題 [心身二元論等] は、 バートランド ラッセルおよびグレゴリー ベイツンの認識論によってすでに解決された。」

#48

引き蘢り、自閉症の原因として、その人にかけられたベイツンの「二重拘束」が考られうる。

The cause of symptoms related to seclusion and/or autism can be thought to be “double bind” a la Bateson imposed on the person exhibiting these symptoms.

#49

“Mind and body are [integral] parts of the same [holistic] system.” – An NLP presupposition

「心と体は、同じ一つの全体的なシステムを構成している不可欠な構成要素である。」

#50

NLP の真髄は、発見された公式である演習テクニックの「適用」にあるのではなく、「モデリング」にある。

The essence of NLP is not found in the “application” of techniques/exercises as the discovered formulas, but in the process of “modelling”.

#51

NLP は、経験についての解説ではない。NLP は、言葉 (左脳) を経験 (右脳) に変えるための実践的方法論である。

NLP is not digital exposition of an experience; it is a practical methodology for transforming (the left brain oriented) words into (the left brain oriented) experiences.

#52

レモンの味を知らない人が、NLP によってレモンの味を再生することはできない。

One who hasn’t tasted a lemon cannot “reproduce” its taste by means of NLP.

#53

NLP は、ドーパミン、エンドルフィン、セロトニン等を自由自在に自己生成できる「脳内麻薬」である。

NLP is “drug-free in-brain drug” through which one can freely self-produce dopamine, endorphin and serotonin.

#54

“Imposing one’s own outcome on another person constitutes “malicious manipulation”, while dovetailing one’s outcome with another person’s to guide him or her to a higher level of mutual outcome turns out to be ‘influencing with integrity’.” – Genie Laborde in “influencing with integrity”.

「自分の目的を相手に押し付けるのは『悪意のある操作』だが、自分と相手の目的を摺り合わせして高次の目的に相手を誘導するのは、『誠実な影響』である。」

#55

師匠の指を見てはいけない。その指が指し示している月を見る必要がある。

One should not look at the finger of one’s master; one should look at the moon pointed at by the finger.

#56

“We are in charge of / and we create our own reality…always.” – An NLP presupposition

「我々は、いついかなるときでも、自分自身の現実の責任者であり、創造者である。」

#57

“The meaning of the communication is the response it elicits [and not the intent one has].” – An NLP presupposition

「コミュニケーションの意味は、[自分がもっている意図ではなく] それが引き出す反応である。」

#58

“There are no failures in communication, only outcomes.” – An NLP presupposition

「コミュニケーションには、失敗はなく、ただ結果だけがある。」

#59

“Students who cannot go beyond their own masters are ‘bad students’.” – Arthur Koestler in “Janus”

「自分自身の師匠を超えることのできない弟子は『できの悪い弟子』である。」

#60

“If it is possible in the world, it is possible for me.” – An NLP presupposition

「もし世界の他の人にできたら、それは自分にも可能である。」

#61

“Certainly it is true that I cannot jump 5 meters into the air right now, but nobody can say that I will not be able to do so tomorrow.” – Guhen’s French teacher at the French-Japanese Institute in Tokyo

「確かに、今ここでは、私は 5m 上に飛び上がることはできない。しかし、明日飛べるか飛べないかは誰にも言えない。」

#62

“All the resources are [already] in the system.” – An NLP presupposition

「ありとあらゆる手段は、[すでに] システムの中に存在している。」

#63

“People have all the resources necessary to make any desired change.” – An NLP presupposition

「人々は、望む変革を達成するのに必要な手段すべてをすでにもちあわせている。」

#64

“Every behavior has a positive intent.” – An NLP presupposition

「どの行動にも必ず肯定的意図がある。」

#65

“Energy flows where attention goes.” – An NLP presupposition

「エネルギーは、注目の払われるところに流れる。」

#66

“Everyone lives in their own unique model of the world.” – An NLP presupposition

「皆、自分自身のユニークな世界についてのモデル (世界地図) に住んでいる。」

#67

“People always make the best choices available to them, given their unique model of the world and of the situation.” – An NLP presupposition

「人々は、世界と状況についてのユニークなモデルを条件として、常に自分に可能な最善の選択を行う。」

#68

“The best maps allow the widest and richest number of choices.” – An NLP presupposition

「最適な (世界) 地図をもつことで、最も広範で、最も多くの数の選択肢をもつことが可能になる。」

#69

“In any system (whether humans or machines), all other things being equal, the individual (human or machine) with the widest range of responses will control the system.” – An NLP presupposition

「すべての他の条件が同じである場合、最も広範な対応範囲を有している個人 (人または機械) がそのシステムをコントロールする。」

#70

“The positive worth of an individual is held constant, while the value and appropriateness of internal and/or external behavior is questioned.” – An NLP presupposition

「個人の内的または外的行動の価値と適切さが問題にされることがあっても、その存在価値は常に肯定的に評価される。」

#71

“There is no substitute for clean, open sensory channels.” – An NLP presupposition

「クリーンで、オープンの知覚感覚経路に代用できるものはない。」

#72

“Resistance you get is a comment about your inflexibility as communicator; if what you are doing is not working, do something different.” – An NLP presupposition

「自分が直面する (相手からの) 抵抗は、コミュニケータとして自分には柔軟性が欠如していることを意味する。行っていることがうまく行かないなら、他のことをしてみること。」

#73

“In interactions among people, the person with most flexibility and variation of behavior can control the outcome of the interaction.” – An NLP presupposition

「人々の間のやりとりで、最も柔軟性で多様な行動を示せる人がそのやり取りの結果をコントロールすることができる。」

#74

“The normal state of consciousness of someone may be an altered states of consciousness of another person, and vice versa.” – According to Charles Tart

「ある人の通常意識状態は他の人の変性意識状態であり、他の人の通常意識状態がその人の変性意識状態でありえる。」

#75

人間は、入力 (キーボード操作) –> プログラミング –> 出力 (モニタ上の仮想現実) のプロセスで機能している。

Human beings function based on the process of “Input (keyboard operation) –> Programming –> Output (Virtual reality on monitor)”.

#76

「入力 –> プログラミング –> 出力」のプロセスで、人間が意識化できるのは、入力と出力のみである。

During the process of “Input (keyboard operation) –> Programming –> Output (Virtual reality on monitor)”, what we can be made conscious of is only “Input” and “Output”.

#77

「入力 –> プログラミング –> 出力」のプロセスのうち、NLP が扱うのは、「入力」と「出力」部分だけである

In the process of human data processing, i.e., “Input –> Programming –> Output”, what NLP directly deals with is only “Input” and “Output”.

#78

NLP 演習を行うクライアントは、「入力 –> プログラミング –> 出力」のプロセスのうち「プログラミング」の部分を無意識的に変更することで、永続的な自己変革を達成する。

A client performing NLP exercises achieves his or her inner lasting transformation, by means of unconsciously changing “Programing” in the process of human data processing, i.e., “Input –> Programming –> Output”.

#79

他の人のプログラミングを直接意識的に変えようとすることは、必然的に、その人を操作することに繋がる。

To try to change another person’s inner programming directly in a conscious way necessarily leads to the manipulation of that person.

#80

“Knowledge is only a rumor until it is in the muscle.” – Judith DeLozier in her workshop

「知識は、皮膚感覚に落とし込まれるまでは、単なる噂にすぎない。」

#81

「娑婆」の世界で起こっている「現実」は「仮想現実」であり、アンカーリング等の NLP 演習の実験を行う「実験室」の方がより「本当の現実」に近い。

The “reality” seemingly happening in the “real world” is in fact “virtual reality”, while the “laboratory” where NLP exercises including Anchoring are performed is in fact much nearer the “true reality”.

#82

人は、他人の外的行動は「操作」できるが、本来的には内的行動 (思考) は操作できない。個人の思考 (さらに言うと、思考を見ている「観照者」) そのものは独立していて、誰も、神さえも触れえない。

One may be able to manipulate another person’s external behavior, but, intrinsically, cannot manipulate his or her internal behavior, i.e., thought; a person’s inner thought (the Witness observing his or her thought, for that matter) is independent, and cannot be touched by anyone including God.

#83

“A perfect representing system doesn’t exist; a still bigger representing system is bound to exist.” – Adapted from John Grinder’s saying

「完全な表出体系は存在しない。その表出者を含むより大きな表出体系が必ず存在する。」

#84

常にさらに大きな表出体系、それが「サムシング グレーター (Something Greater、神)」である。

An always still larger representing system IS “Something Greater (i.e., God)”.

#85

「サムシィング グレーター (Something Greater)」は、単に「左脳的」に類推あるいは演繹すべきものではなく、実際に「右脳的」に体感、体験することは可能である。

“Something Greater” is not something which should not be simply inferred or deduced in a left brain oriented way, but is something which can be tangibly felt and experienced in a right brain oriented way.

#86

“Between stimulus and response there is a space.” – Stephen Covey in “The 7 Habits”

「刺激と反応の間にはスペースがある。」

#87

“A consequence is always produced out of an intent.” – John Grinder in his workshop

「結果は、常に意図から生み出される。」

#88

“It is when one has more than three choices at a given ‘choice point’ that one becomes free.” – John Grinder in his workshop

「人間は『選択点』で3つ以上の選択肢があるとき、初めて自由になれる。」

#89

心身論理レベルの下が変わることで上が変わりうる。

A change on a lower level of the Neuro-Logical Levels may cause a change on a higher level.

#90

“We cannot not communicate.” – John Grinder in his workshop

「我々はコミュニケートしないでいるわけにはいかない。」

#91

“Mammals cannot not hallucinate about other mammals of the same species.” – John Grinder in his workshop

「哺乳類は、同じ種の他の哺乳類について幻覚をもたざるをえない。」

#92

「現在意識」と「過去意識」または「当事者意識」と「部外者意識」を超え、それらを使って行き来しているのが「メタ (観照者)」である。

It is “Meta (Witness)” that transcends both “4Te (Present Mode)” and “4Ti (Past Mode)”, as well as both “Association” and “Dissociation”, and alternates between them by using them.

#93

瞑想とは、「これでもない、あれでもない」(サンスクリット語の「ネティネティ」) の自己同一化解除のプロセスである。

Meditation is a process of disidentification defined as “Not this, not that” (“Neti Neti” in Sanskrit).

#94

“When one is watching the street out of the window, one usually cannot find any space between walking people (i.e., thoughts); as soon as one starts meditation, that space begins to slowly enlarge, and that very empty space is one’s real self.” – Adapted from Bhagwan Shree Rajneesh’s saying in “The Psychology of the Esoteric”

「窓から部屋の外を見ているとき、通常、行き交う人 (思考) と人の間にはスペースがないが、瞑想をしているとそのスペースが広がってくる。そのスペースこそが本当の自分である。」

#95

“One should continually use one’s own legs while walking, but one doesn’t need to continue to move then while quietly sitting.” – Adapted from Bhagwan Shree Rajneesh’s saying in “The Psychology of the Esoteric”

「歩いているときには足を使い続けるべきであるが、静かに座っているときまで足を動かし続ける必要はない。」

#96

覚醒体、夢見体、熟睡体の三つの状態を超えた「第四の状態」 (ヴェーダンタで言う「チュリヤ」、NLP で言う「メタ」) が存在する。

Beyond the waking body, dreaming body and the sleeping body, there exists “the fourth state” or “Turiya” a la Vedanta or “Meta” a la NLP.

#97

“The real self cannot be seen by the eyes, be heard by the ears, be touched by the hands, be tasted by the tongue, or be smelled by the nose.” – According to Shankarachaya

「真我は、目で見えないし、耳で聞こえないし、手で触れないし、舌で味わえず、鼻で嗅げない。」

#98

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の記憶は、すべて催眠現象である。

Visual, auditory, kinesthetic, gustatory and olfactory memories are all none other than hypnotic phenomena.

#99

“The only reason why a client comes to therapy for physical or mental help is that he or she has been lacking rapport between consciousness and unconsciousness.” – According to Milton H. Erickson

「クライアントが身体的もしくは精神的支援を求めてセラピーに来る唯一の理由は、その意識と無意識の間にラポールが形成されていないことだ。」

#100

真の内的成長は、マインドからノーマインドに向かう退行にはなく、マインドからメタマインドに向かう進化にある。

True inner growth is not found in the regression from mind to no-mind, but in the evolution from mind to meta-mind.

#101

1920 年代に精神分析からシュールリアリズムが生まれたように、精神分析の数十年後の進化バージョンの心理学の NLP から新しい芸術形態の誕生が期待できる。

As Surrealism was born out of Psychoanalysis a la Freud during the twenties, some new form of art can be expected to be born out of NLP as a radically evolved version of psychology several decades after Psychoanalysis.

#102

「アップタイムトランス」の状態の最大の特徴は、内的対話の欠如と周辺視野である。

The biggest characteristics of “Uptime Trance” are lack of internal dialogue, as well as peripheral vision.

#103

通常、夢遊病病者的な深い催眠状態でないと達成できない療法的効果を、NLP は、ごく普通の日常的なトランス状態で達成することができる。

The therapeutic effects usually achievable only through deep somnambulistic hypnotic states can be obtained though NLP by using very normal day-to-day trance states.

#104

ピークパフォーマンスを発揮するため必要なものは、高質なアンカーリングとカリブレーションである。

What is required to exhibit peak performance is high quality anchorings and calibration.

#105

極めて有能なプリゼンターは、第一、第二、第三知覚ポジションを「病理学的」に自由に行き来できる人である。

An extremely competent presenter is someone who can “pathologically” move around freely between the first, second and third perceptual positions.

#106

トランスの深度と TD サーチ (派生横断検索。五感の記憶を探る際の脳内検索) の幅は正比例する。

The depth of trance is directly proportional to the degree of “TD Search (Trans-derivational Search or in-brain search based on the sensory memories)”.

#107

“NLP is a very unique model in the sense that by thinking of that model (or by doing its exercises), the very thinker (or the very performer of the exercises) as the subject changes.” – Adapted from Robert Dilts’ saying

「NLP は、そのモデルについて考えることによって(あるいは、その演習を行うことによって)、考えている (あるいは演習を行っている) 主体そのものが変わるという点で、非常にユニークなモデルである。」

#108

“The Goose is Out!” – The title of the discourse delivered by Bhagwan Shree Rajneesh

「ガチョウは外だ!」